★★★ブログ内 カテゴリランキング★★★

最近の1ヶ月(4週間)で読者の皆様に最も多く読まれたカテゴリのランキングです。 まだお読みでない方は、ぜひご一読下さいませ〜( ̄∇ ̄)ゞ

1の数字の入ったギザギザのゴールドカラーメダル(medalbadge).png 第1位 英語学習のツボ!外資系的カッコイイ英語表現
ビジネスの現場で実際に使っている英語表現をまとめたカテゴリです。 外資系企業に勤めていた筆者ならではの英語表現も多数あり。 ぜひご一読下さいませ♪


2の数字の入ったギザギザのシルバーカラーメダル(medalbadge).png 第2位 英語学習方法の王道!英語音読のススメ
英語が聞き取れないのは、英語が話せないから。 そんな発想から生まれた英語音読による英語学習方法です。 英語脳を鍛えたい方もぜひご覧下さい♪



3の数字の入ったギザギザのブロンズカラーメダル(medalbadge).png 第3位 超簡単!英語リスニング学習方法
英語学習で多くの方が悩む英語のリスニング。 では、英語のリスニング力はどうすれば鍛えられるのか。 勉強しているけどなかなか効果が出ない時の対処法など、目からウロコが落ちる内容となっています♪




日本人が持つ英語リスニングの盲点

外資系企業に勤めていると、海外へ仕事で行く機会も増えます。
私が勤めている外資系企業では、毎年、世界中のスタッフが集まる研修会が開催されるのですが、私も一度だけ参加したことがあります。

そこでは、みんな流暢に英語を話します。
特にフランス人やドイツ人など、母国語でもアルファベットを使う民族は、英語が得意な方が多いようです。


その一方で、日本人や韓国人は、英語リスニングがどうも苦手なようです。


話をしていても、欧米人に比べると、英語としての流暢さが欠けます。

母国語でもアルファベットを使う言語同士は、ある程度、発音や文法が似ています。
異なる言語であっても、ほとんど同じような発音の単語もあります。

それに比べ、日本語と英語は、まったく違う言語です。
発音も違いますし、文法も、英単語も、文字も違います。


そのため、日本人の頭の中に貯め込まれている英語のvocabulary(ボキャブラリー、語彙)は、欧米人に比べて、はるかに少ないのが事実です。


ずっとアルファベットの発音で生活してきた民族と、アルファベットを使わずに進化してきた日本人とでは、
アルファベットの音を聞き取る能力に、もちろん差が出ます。

日本人が英語のリスニングを苦手としている理由は、こんなところにもあるのかもしれません。

では、英語リスニングをマスターすることは、日本人に無理なのでしょうか?

私は、そんなことはないと思っています。
私は、vocabulary(ボキャブラリー、語彙)を増やすために、また、アルファベットの音を聞き取る能力を伸ばすために、英語を実際に発音して覚えています。

実際に英語を発音して、口と耳で英語脳を刺激するようにしています。
そうやって、話せる英語を作り出すことが、聞ける英語を作り出す最善の道だと考えています。

興味があれば、英語を実際に音読しながら、リスニングの勉強をしてみてくださいね♪

デフレ時代の給与の増やし方・お金の増やし方

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29339069

この記事へのトラックバック